2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統治能力なし民主政権 情報はいらぬ菅、幹事長無視の小沢

この国には、政府があることになっているが、
機能していないのではないか?
総理大臣が何を言っても、独り芝居のようだし、
与党の幹事長には何の権限もないようだ。

アメリカも、中国もこの国の政府を相手にしていないように見えるし、
この国の官僚も民主党政権を相手にしてないように見える。

ただ、マスコミだけが政権をささえ、
一部の政治家だけが必死に政治ごっこをしているだけなのではなかろうか。

しかし、刻一刻と、周辺国際環境は変化している。
  ・淡々と進む円高
  ・易々と積み上がる国債
  ・さささーーと、すりよってきたロシア
  ・内部が混乱していればいるほど圧力をかけてくる中国
  ・参政権くれといってくる韓国
  ・強権?崩壊?訳のわからない北朝鮮
  ・緊張高まる南シナ海
  ・中国のプレゼンスの広がるインド洋
さて、無能な内閣が対処するような状況なのか?

これが民主主義のコストとやらか??
あんまりだと思うけれどなぁ。




「情報入らぬ」、菅首相ぼやく



 菅直人首相は27日夜、都内の日本料理店で、民主党の江田五月前参院議長ら9月の民主党代表選で首相を支持した陣営のメンバーと会食した。出席者によると、首相は「官邸にいると情報がなかなか入らない」と、情報過疎の現状をぼやいた。
 首相はまた、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を検討していることに、党内から不満が出ていることを踏まえ、「いろいろな意見を聞かせてほしい」と求めた。(2010/10/28-00:29 時事通信)



小沢氏、面会を拒否=民主幹事長に伝える?国会招致問題


 民主党の岡田克也幹事長は30日、三重県川越町で記者会見し、小沢一郎元代表の国会招致問題に関し、「お会いしたいと申し上げたが、『その立場でない』というお答えだ」と述べ、小沢氏が面会要請を拒否したことを明らかにした。岡田氏は「ちょっと異常な事態だ。幹事長が会いたいと言って、会えないのは普通考えにくい」と小沢氏の対応に不快感を表明、11月1日に改めて会談を要請する考えを示した。
 小沢氏招致について民主党は、野党が要求している証人喚問ではなく、衆院政治倫理審査会での決着を目指していたが、小沢氏が岡田氏との面会を拒んだことで、政倫審の開催は困難な情勢となった。野党が喚問要求を強めることは確実で、民主党内では小沢氏の処分を求める声も出そうだ。
 岡田氏は会見で「お会いできないからそれでそのまま、ということにはならない」と述べた。小沢氏が会談要請をあくまでも拒んだ場合、野党の喚問要求の受け入れや、離党勧告などの処分も検討せざるを得ないとの認識を示唆したとみられる。
 一方、2010年度補正予算案の審議をめぐり、野党が小沢氏の喚問が先決だとして、11月1日以降の衆院本会議を欠席する構えをみせていることについては「(衆院)予算委員会での証人喚問と言っているのだから、本会議欠席というのは分かりにくい」と語った。 (2010/10/30-21:46 時事通信)




転載元 転載元: オノコロ

共産主義民主党の売国状況 共産主義民主党の売国状況はこちら⇒tearface

     

ものを言う新聞⇒産 経 新 聞

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

アクセスカウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

政治・軍事・護国

・政治・軍事・護国

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。