2014-04

【日米首脳会談】中露に懸念 安保「満額回答」

【日米首脳会談】中露に懸念 安保「満額回答」

安保は「満額回答」も…「日米同盟強化」に横たわる課題と温度差

2014.4.25 14:32 (1/3ページ)
首脳会談後の共同記者会見に臨む安倍晋三首相(右)とオバマ米大統領=24日午後0時47分、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
首脳会談後の共同記者会見に臨む安倍晋三首相(右)とオバマ米大統領=24日午後0時47分、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
 24日の日米首脳会談後の共同記者会見で安倍晋三首相は「日米同盟の復活」を改めて強調した。昨年末の靖国神社参拝を機に、きしみが指摘されていた日米関係はリセットされた。背景にはウクライナへの関与を強めるロシアや海洋進出を狙う中国の存在があるが、「強固な日米同盟」を機能させるために安倍政権が直面する課題も少なくない。
 首脳会談の結果について外務省幹部が胸を張った。
 「安全保障は満額回答だ。こちらの要望は全部受け入れられた」
 確かに安保分野で首相がとった「実」は多かった。
 中国が周辺で威圧的行動を続ける尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(対日防衛義務を定めた)日米安保条約5条の適用対象」の言質をオバマ大統領からとりつけた。ロシアと中国を念頭に「力による現状変更に反対」することでも一致し、集団的自衛権行使容認への取り組みに対しオバマ氏から支持を得た。
 両首脳が「日米同盟の強化」をアピールしたのは、冷戦後の国際秩序を力ずくで変えようとする中露の試みが、アジア太平洋地域の安定を揺るがしかねないとの強い懸念があるからだ。過去の日米首脳会談では、中国を明確に意識して牽制(けんせい)するような合意はなく、それだけ日米が危機感を共有していることを裏付けた。
【関係記事】
「日米安保条約反対派&原発反対派&特定秘密保護法案反対派」に共通する売国グループとその活動の実態
イメージ 1
イメージ 2
 日米安保闘争は反日左翼の巧妙な騙しによって、8割以上の国民が「戦争に巻き込まれる」と締結に反対した闘争であった。このような激しい反対にも関わらず、時の政府は衆愚政治に陥らず、国会は強行採決・締結に至ったのである。
現在安保条約がなければ、当の昔に、わが国は中国共産党の餌食になっていたであろう。
当時ソ連からも、反米工作資金が投入され、「米帝国主義打倒!」という合言葉を形成、日本国民を洗脳、プロパガンダ活動をしていたのである。
安保反対闘争の反日グループは、活動を活発化しており、現在においては原発反対や特定秘密保護法案反対を叫び、もっともらしい巧妙な手口により国民を反対闘争に引き入れようと躍起になっている。
【反日左翼グループの日米安保反対闘争】
【反日左翼グループの原発反対闘争】
【反日左翼グループの秘密保護法反対闘争】
 現在特に、特定秘密保護法案成立に対して、少数過激派を中核として、なぜ大々的に反対運動が起こっているかと言えば、外国、特に中国や朝鮮の潜入工作員にとって、もっとも都合の悪い法律であるからです。
 反対プロパガンダは「我々国民の知る権利が侵される」「戦前の軍靴の足音が聞こえてくる」などという誰でも受け容れやすいところが巧妙と言えるでしょう。
 我々国民が例えばジェット戦闘機の性能など国家安全保障に関して知りたいと主張しても、戦えば負けるような秘密を漏洩できるはずもありません。一般人は知る必要もないことです。
 ただし、このような武器・弾薬を生産する民間企業にも、秘密漏洩を防止するために、一定の契約の下、縛りが発生することも事実であり「社外秘」となるのは当然のことであります。
このようなことからこの法案は「国家機密法案」と言えば分かりやすいでしょう。
国家機密など存在しない国家など想像もつかないことです。
国家機密法成立にほぼ100%の国民が賛成するのが常識ではないでしょうか。もちろん、その防止方法や手順などにおいて各論での反対や意見の違いはあるかと思いますが、内容が内容だけに、早期実現という時間を最優先しなければなりません
いつまでも成立しないようではその分だけわが国の利益は損なわれることになります。
実際のところ、緻密に考えることも必要ですが、細かなところで大喧嘩していては先に進まないです。
細かなところは達・通達などで後日審議を継続し定めて行けばよいのです。とりあえず成立させて、修正審議継続ということが一般的です。下位規則類に盛り込むべき方向性と内容は調整一致させておく必要があります。
 秘密を漏洩しないという思想堅固な公務員を醸成することによって、また処罰規定を厳正にすることによって、公務員や政治家に擦り寄る潜入工作員を特定できる道が開けます。
 国会にも潜入工作員または敵対国の息のかかった議員がいるという疑いがあり、国会質問を観ていると良く分かります。
良識ある国民の皆さん!
反日左翼の反対闘争に巻き込まれませんように
「日米安保条約反対派&原発反対派&特定秘密保護法案反対派」に共通するグループとその活動実態
【中核派(革命的共産主義者同盟全国委員会)】
中核派の日米安保条約反対運動
中核派の原発反対運動
中核派の特定秘密保護法案反対運動
革マル派(日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派)
革マル派の日米安保条約反対運動
革マル派の原発反対運動
革マル派の特定秘密保護法案反対運動
日本共産党
日本共産党の日米安保条約反対運動
日本共産党の反原発運動
日本共産党の特定秘密保護法案反対運動
社民党
社民党の日米安保条約反対運動
社民党の反原発運動
社民党の特定秘密保護法案反対運動
【民主党】
民主党の日米安保条約漂流
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

アクセスカウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

政治・軍事・護国

・政治・軍事・護国

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ