2014-10

10月25日 70年前のきょう、関行男大尉率いる神風特攻敷島隊は、フィリピン・レイテ沖の米空母群に零戦もろとも突入、護衛空母を撃沈した。











特攻隊員ら戦没者の英霊よ、安らかに眠りたまえ


以下転載


70年前のきょう、関行男大尉率いる神風特攻敷島隊は、フィリピン・レイテ沖の米空母群に零戦もろとも突入、護衛空母を撃沈した。

【産経抄】10月25日

 太平洋上で奮戦する日本の戦闘機の名が、「零戦」であると国民に知らされたのは、大戦末期の昭和19年11月23日のことである。零戦が中国戦線に初めて投入されてから4年、真珠湾攻撃から数えても3年近くたってからだった。

 ▼零戦がベールを脱いだきっかけは、旧海軍による特攻だった。70年前のきょう、関行男大尉率いる神風特攻敷島隊は、フィリピン・レイテ沖の米空母群に零戦もろとも突入、護衛空母を撃沈した。

 ▼新聞には「神鷲の忠烈、万世に燦(さん)たり」の大見出しが躍り、国民に悲壮な感銘を与えた。商売上手な朝日新聞は、さっそく「神風特攻隊」の本をつくろうと、零戦の主任設計士・堀越二郎氏に寄稿を頼み込む。

 ▼戦後、彼は当時をこう回想している。「あまりにも力のちがう敵と対峙(たいじ)して、退(ひ)くに退けない立場に立たされた日本武士が従う作法はこれしかあるまいと、私はその痛ましさに心の中で泣いた」(『零戦 その誕生と栄光の記録』)。

 ▼91歳になる元陸軍特攻隊員も「国が負けかかっているときに、俺たちがやらんで誰がやるか」の心境だった、と小紙に語った(23日付朝刊)。しかし、国を憂い、郷土と家族を守るため自らを犠牲にした男たちを軍神に祭り上げた新聞は、戦後すぐに手のひらを返した。

 ▼朝日など一部の新聞・テレビは、首相が靖国神社に参拝するのは「悪」といわんばかりの報道を続けてきた。これに乗じて中韓両国が、靖国参拝を外交問題化したのはご存じの通り。誤解を解く努力は必要だが、「反日」を権力闘争に利用している両国首脳は聞く耳を持つまい。無理して両首脳と短時間、意味のない立ち話をするより、特攻隊員ら戦没者の霊を慰める方が、宰相としてよほど大事な務めである。




群 青」神風特攻隊 Kamikaze corps in Japan




大東亜戦争の真実



武士道を貫いた日本軍兵士


<マレーシア> ラジャー・ダト・ノンチック(元上院議員)
日本軍は、長い間各国を植民地として支配していた西欧の勢力を追い払い

とても白人には勝てないと諦めていたアジア民族に感動と自信を与えてくれました。
長い間眠っていた「自分たちの祖国を自分たちの国にしよう」という心を目覚めさせてくれたのです。


二ミッツ元帥(太平洋艦隊司令長官)
この国を訪れるもろもろの国の旅人達よ。
故郷に帰ったら伝えてくれよ。
この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てた。
その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!


<イギリス>スリム中将(イギリス第14軍司令官)
たたかれ、弱められ、疲れても
自身を脱出させる目的でなく、本来の攻撃の目的を以って
かかる猛烈な攻撃を行った日本の第三十三師団如きは
史上にその例を殆ど見ないであろう。


<韓国>朴鉄柱(韓日文化研究所)
現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は
決して日本から仕掛けたものではなかった。
平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。
それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。
日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
日露戦争と大東亜戦争。
この二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。
この意義はいくら強調しても、強調し過ぎることはない。
大東亜戦争で日本は敗れたというが
負けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。
彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。
日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。
日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。
ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが
こんなものはすぐに回復できたではないか。
二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが
しかし彼らは英霊として、靖国神社や護国神社に永遠に生きて
国民尊崇対象となるのである。

ガザリー・シャヘー(マレーシア元外務大臣)

日本はどんな悪いことをしたというのか。
マレー半島で南下したときの日本軍は凄かった。
わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。
日本は敗れたが、英軍は再び取り返すことができず
マレーシアは独立したのだ。

日本なくして東南アジアの独立はありませんでした。
なぜ日本が謝るのでしょうか?
あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が、大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか。
日本なくして東南アジアの独立はありませんでした。
この日本が払った尊い犠牲を否定することは、バックミラーばかり見ているようなものです。


サンティン・アムステルダム市長

本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人のほうです。

日本は敗戦したが東亜の目的は実現した。
その結果アジア諸民族は各々独立を達成した。

日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。


タナット・コーマン氏(タイ国元副首相)

あの戦争によって、世界のいたるところで、植民地支配が打破されました。
そしてこれは日本が勇戦してくれたおかげです。

新しい独立国が多くの火の中から不死鳥のように姿を表わしました。

誰に感謝を捧げるべきかは、あまりにも明白です。


<インドネシア> モハメット・ナチール元首相)
アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を、日本が代表して敢行したものです。
大東亜戦争というものは本来なら、私たちインドネシア人が独立のために戦うべき戦争だったと思います。
もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
大東亜戦争はそういう戦いだったのです。


<インドネシア> サンパス(元復員軍人省長官)
特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず
インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。
日本の戦死者は、国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲賞を贈っているが、それだけですむものではない。


<インドネシア> ブン・トモ(元情報相)

日本軍が英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。
そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。
そして実は我々の力でやりたかった。


<インド> ネール(初代インド首相)
彼ら(日本)は、謝罪を必要とすることなど、我々にはしていない。
それ故インドは、サンフランシスコ講和会議には参加しない。
講和条約にも調印しない。


グラバイ・デサイ(インド弁護士会会長)
インドは程なく独立する。
その独立の契機を与えたのは日本である。
インドの独立は日本のおかげで30年早まった。
この恩は忘れてはならない。
これはインドだけではない。インドネシア、ベトナムをはじめ、東亜民族はみな同じである。
インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興には惜しみない協力をしよう。


<ビルマ> バーモウ(元首相)
日本ほどアジアを白人支配から離脱することに貢献した国はない。
しかしまた、日本ほど誤解を受けている国はない。


チャンドラ・ボース(デリーインド国民軍裁判主席弁護人)
日本軍の勝利は、アジアのインド人に感銘を与え、自由獲得の戦いに、参戦することを可能にした。


ククリット・プラモード(タイ国元首相)
日本のおかげでアジア諸国は全て独立した。
日本というお母さんは、難産して母体を損なったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が、米英と対等に話ができるのは、一体誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決意をされた日である。
更に8月15日は、我々の大切なお母さんが、病の床に伏した日である。
我々は、この二つの日を忘れてはならない。


<アメリカ> ベン・ブルース・ブレークニー(東京裁判弁護士)
原子爆弾という、国際法で禁止されている残虐な武器を使用して
多数の一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について、日本の責任を問う資格があるのか。


<インド> パール判事(極東国際軍事裁判判事・法学博士)
私の判決文を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということが分かるはずだ。
それなのに、あなた方は、自分らの子弟に、
「日本は犯罪を犯したのだ」
「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」
と教えている。
満州事変から大東亜戦争に至る真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。
日本の子弟が歪められた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流されていくのを
私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
時が熱狂と偏見とを和らげた暁には、また理性が虚偽から、その仮面をはぎとった暁には
その時こそ正義の女神は、その秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くに
そのところを変えることを要求するであろう。


ーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦いは続く

【偏向報道のマスコミ記事一覧】



【「STOP!朝日新聞」運動記事一覧】


売国朝日新聞記事一覧】


【中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」記事一覧」


【中国の軍事侵略記事一覧】


【中国の我が国間接侵略記事一覧】


【中国の沖縄属国化記事一覧】


【打倒!支那帝国主義記事一覧】


【少数民族差別虐殺の中国記事一覧】


【中国のウィグル人差別・虐殺記事一覧】


【中国のティベット侵略記事一覧】


【「通州事件」に見る支那人の残虐性記事一覧】


【危険な中国の原発記事一覧】


【「南京事件は中国国民党によるものであった」記事一覧】


【中国事情記事一覧】









スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

アクセスカウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

政治・軍事・護国

・政治・軍事・護国

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ